〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

タグ:糸島

こんばんは!本橋へいすけです。


糸島に移住にするとかめはめ波が使えるようになるんですよ〜。


こんなふうに!




か〜〜


め〜〜〜〜


は〜〜〜〜〜〜


め〜〜〜〜〜〜〜〜


は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!


DSC09599
 

まだ小さいので修行がんばります! 

こんばんは、本橋へいすけです。


田舎暮らしはいいけど、毎日自炊は大変!
仕事もしないといけないし、、、


でも田舎は外に食べにいくところがないしょ?
外に食べにいくとこはあっても18時くらいに閉まるんでしょ?


それだと移住はなかなかね、、、


いえいえ!
糸島は、自然は豊かだけど、ほどよく田舎すぎない。


なので、

定食もあれば
2016-02-05-20-24-30


カレーもあれば
2015-11-16-19-45-33

とんこつラーメンから、福岡ではあまり食べられないあっさり系のラーメン
2016-01-27-22-07-05

オシャレにいきたいイタリアン
2016-01-27-14-03-37

糸島が誇る、牧のうどん本店もあります
2015-12-23-16-21-25

めんどくさいとき
忙しいときは、ごはん作るのサボれますよ〜


素材が美味しいので、直売所で食料買って家で作るのもうまいんですが、最近はバタバタしてて外食が続いています、、、

 

こんばんは、本橋へいすけです。


糸島に移住して2年8ヶ月が経とうとしています。
移住後、衝撃的だったランキングベスト3に入ることと言えば、、、 




糸島では、お金を出してモノを買うという発想がありません(笑)




でも、願いは叶います。


願いは神様にお願いしません。
Facebook様に、お願いするのです。 


ある日のとある友人のFacebook。


「寒くなってきたので、コタツが欲しいです。
だれか、家で使ってないよ〜
って方がいたら、譲っていただけるとうれしいです。」 


「うちに使ってないのがあるから、あげるよー!」



別の友人、ある日のFacebook


「どなたか使ってないのがあれば、マイクをゆずっていただける方はいませんか?」


「あ、うちのあげるよ!」


こちらも1日と経たずに、ご成約。


このように糸島には、モノを買うという発想はありません(笑)。 
家のモノは、ほとんど貰いものという強者もいます。 



そう糸島では、願いはFacebook様にお願いして叶えるのです。



 いや〜、最初はビックリしましたよぉ〜。


よくよく考えるとこれって、とっても素敵なことだと思うんですよ。


家の使っていないモノが、必要としてくれる人のもとへ届けられる。

必要な人が愛着をもって使ってくれる。
もらう人もハッピー。



モノに心があるとすれば、そのモノにとっても幸せなんじゃないかな。 


そんな糸島暮らしをしたい方はコチラもよんでおくといいですよ。 

糸島移住、福岡移住の他に、全国で立ち上がる○○移住。


消耗してしまう東京や大阪などの大都市。
地方移住の流れは勢いをますばかり。


1年前比べて、メルマガの読者さんからの問い合わせも増えています。


移住をしたいという方の悩みは、大きく分けて2つ。


仕事と住まい


どちらもお金がかかります。


仕事は、入ってくるお金。
住まいは、出て行くお金の1番のウエイト。



でも1番大事なことは、その2つではありません。


移住前に、現地に知り合いを作る


です。 


移住前のみなさんにとっては、お金が心配だと思います。
不安なお気持ちは、よぉ〜くわかります。


ぼくも逆の立場だったらそうですよ。


ただ移住した人からみると、仕事と住まいは、なんとかなる!
無責任かもしれないけど、なんとかなります。


田舎は、住宅費も安いし、給料少なくてもなんとかなります。


生活するにはね。


ただ、地方へ移住する目的はなんでしょうか?


通勤ラッシュが嫌
放射能が心配
自然豊かな環境で暮らしたい


など、いろいろあると思いますが、行き着く先は


幸せになりたいからではないでしょうか?


幸せは1人では作れません。


会社の問題の8割が、人間関係と言われます。
移住後に、幸せになれるかも人間関係や仲間がいるか?
です。


先日、糸島で会った方。
移住して2年くらい。


ぼくと同じくらいです。


その方は、
「友だちがあまりいなくて、、、」


と寂しそうに、話していました。


糸島の環境はすごく好きで、生活もなじんでいる。
ただ、目が寂しそうなんです。


同じ糸島に移住。
毎日がハッピーなぼく。
DSC00495



暮らしはたいして変わらない。


違いは、心許しあえる友だちがいるか。
いっしょにバカになれる友だちいるか。
DSC00539
だから、このブログを読んでる方は、いきなり移住なんてしないでください。
知り合いを作ってからにしましょう。


糸島で頼るツテなんてないよ!
という人は、ぼくに連絡ください。


まずはこちらも読んでおいてからですね^^

 

砂浜アートと言っても、アーティストがいるわけでもありません。
誰かが作るわけでもありません。


潮が引いたあとに、砂に映る波の模様。 
自然が作るアート。
image
この模様が好きだったりする。 


徒歩5分の美術館。


営業は不定休。
展示品は、バラバラの1点モノばかり。


そんな気まぐれな美術館が好き。 



糸島にいると、大切なことは近くにある
必要なモノはもうある
ってことをよく思う。


何か足りない
もっと吸収しなきゃ
このままじゃダメだ


と、外に外に求めた20代。


大切なことやモノ
必要なものは
すでに内にある
近くにある


そう感じさせてくれる、糸島の豊かな自然


ありがとう糸島
君からはたくさんのモノをもらったよ


ぼくからは何ができるかな〜?

DSC00330

↑このページのトップヘ