〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

タグ:糸島移住

糸島トライアルステイ2016

DSC01226
今年もやってきました糸島トライアルステイ2016

その名の通り、人気の糸島で3週間の移住体験ができます。
しかも500円で!


とってもすばらしい企画です。
唯一の懸念点は、、、


糸島トライアルステイは倍率が高い

過去2年間で、17組の定員に対して200組以上の応募!
応募締め切りは6月6日です。


糸島移住希望者の方、ぜひがんばって当選してくださ〜い!
詳細、応募は福岡R不動産のページをどうぞ

トライアルステイの加布里ってぶっちゃけどんなところ?

糸島の中心前原より田舎で、自然豊かな志摩や二丈より都会といった場所。 
生活する分には車がなくても困らない場所です。


JR筑肥線も通ってます。
ただし快速は止まらないです。


サイクリングが好きな方は自転車でいろいろ出かけるにはいい場所です。
芥屋方面、二丈方面と行きやすいです。


海水浴場まで歩いていけるところに住みたい!
という方には向いてない場所です。

加布里湾は写真のスポットとしても有名。
夕日が沈む頃には誰かしらカメラを抱えた人がいます。


踵屋敷という人に教えたくないくらい素敵なお店があります。


踵屋敷はについてはこちらの記事に詳しく書いています。
>> [糸島]踵屋敷の料理が丁寧で美味しい、雰囲気も器も素敵なお店

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


糸島移住のメリット


DSC08231

1、海、山、渓谷がある
2、都心部との距離が近い
3、移住者が多く開放的
4、野菜、魚介類、肉もおいしい
5、オシャレスポットもたくさんある 
DSC04350




メディアでは、オシャレな面ばかりが取り上げられていますが



東京からの移住者目線で見ると、糸島移住の本質的なメリット



自然に囲まれた生活なのに、都内に住んでいた時と変わらない生活ができる


別の言い方をすれば、



海まで5分なのに、通勤時間30分、60分
うみ
都心部との距離の近さは、他の田舎暮らしではなかなか実現できないです。
街へショッピングに行く、セールに行く、映画を見に行くも同様です。


東京ならありえないです。
その時間圏内なら、まだまだコンクリートジャングルです。


東京、千葉、神奈川、大阪など都市からの移住の場合、車を持っていない場合も多いです。


車がなくても、海まですぐ行けて、生活に困らない場所と言えば、
JR筑肥線・筑前深江駅の周辺です。


糸島は、二丈地区、志摩地区、前原地区の3つに分けられますが
深江は二丈地区にあります。


スーパー、幼稚園、保育園、小学校、中学校、病院と揃っていて生活には困りません。


楽しみとしても

海まですぐ
温泉施設がある
海辺のタイレストラン、古民家イタリアン、オシャレなお店がある
おいしいパン屋さんが3つもある
おいしい醤油蔵がある
本格的なヨガ小屋もある 



ただ、デメリットとしては、、、


、、、、


、、、、、、


時々、、、、


、、、、、、、、、





気絶するほどクサい、、、





近くに、農場で肥料をまいてるか、酪農をしているのか、、、


なんとも言えない匂いが、風に乗ってやってきます。


ちょいとクサいくらいレベルは、わりとちょこちょこあり、それは慣れます
人間の適応力のレベルはスゴイです。


ただ時々、お鼻バロメーターのメーターを振り切るくらいの
ファンキーな匂いが、風に乗ってやってきます。



それが今です!!


クサいなう


ぅぅうう、、、、



ということで、糸島の良い面ばかりが取り上げられがちですが、
糸島移住をお考えの方は、こういう面も知っておくと良いですよ〜。


こういう自由な自動販売機もありますし、、、

なにがでるかわからない
何がでるかわからないって、、、


とは言え
ぼくは、そんな深江を愛してます!

いつからだろう、、、


菜の花畑が、キレイな風景から、美味しそうな景色に変わったのは、、、


ゆっくりと眺める景色から、夢中で収穫する体験へと変わったのは、、、
DSC01427

菜の花畑を見ると、食べごろのはどれかな〜と思ってしまう。
DSC01437


車で道路を走らせていても、あちらこちらにキレイに咲く菜の花。


「あっ、おかずがいっぱいある、、、」

と思ってしまう。


そんな糸島移住生活です。


新鮮な食材がたくさんの糸島。
移住者はみんな、食にどんよくになっていってます、、、 





 

糸島よりこんばんは、本橋へいすけです。


安くて、おいしい食材が豊富な糸島。


近所の友だちと、食材を持ち寄りでごはんを食べると豪華〜!

DSC01706


糸島こんにゃくの天ぷら
DSC01700


さといもの皮の天ぷら。
DSC01698

初めて食べたぁ〜!
皮が食べれるなんて、、、地球にやさしい。
ビール飲みたくなるなぁ〜、、、



ANAのファーストクラスにも使われているという佐賀のトマトと、糸島のアスパラのサラダ。
DSC01696



DSC01701

あっ、ワインじゃないですよ〜、オリーブオイルです。
オリーブオイルソムリエでもあるぼくのセレクト。


これをトマトのサラダに、糸島ナチュラルチーズを入れて、食べるとうますぎるぅ〜!


つわぶき、よもぎ、カラスノエンドウの天ぷら。
歩いてるとそこらへんに生えてます、笑
DSC01694
散歩をすれば、晩ごはんのおかずが一品増える糸島。
体にも、サイフにもやさしい糸島。

つわぶきとは、ジブリのトトロがさしてる傘と同じだそう。




カレー
DSC01707


いや〜、美味しかった〜!!
外食よりいいですね〜 。


近所のお友だちが作ってくれました。
わたくしは、料理中のBGM担当でギターを奏でてるだけで、ごはんができてた〜! 

糸島よりおはようございます、本橋です。


今朝は、すがすがしい天気だったので、お庭で朝カフェしました。
ケニアのコーヒー。おいしい〜^^



糸島に移住したい

田舎暮らしをしたい

地方へ移住をしたい


という方から、メールをいただくことも多いです。


移住希望者の三大心配ごと



・移住先はどこがいいか?
・住まい
・仕事



その中でも1番悩みが深いのは、仕事です。
生きていかなければならないですから。


仕事=収入



移住前に、移住後の収入源を確保しておく方法があります。


クラウドソーシングです。
ランサーズは有名ですね。


クラウドソーシングだけで生活していくレベルは正直、かなり難易度は高いです。
実際、それだけで生活している人は、ほんのひとにぎりです。


ただ、月に数万円を稼ぐのは難易度は高くありません。


糸島などの田舎に移住すると、新鮮な食材が安く手に入ります。



クラウドソーシングで月3万稼げれば、

1ヶ月の食費と携帯代くらいは、まかなえておつりがきます。
場所によっては家賃がまかなえちゃいます。




これは大きいですよ〜。
登録してどんな仕事があるか見ておくと、初心者でもOK!
という仕事もけっこうあります。


移住に興味がある人はまずはチェックしておくといいですよ^^

↑このページのトップヘ