〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

タグ:移住

こんばんは!本橋へいすけです。


糸島に移住にするとかめはめ波が使えるようになるんですよ〜。


こんなふうに!




か〜〜


め〜〜〜〜


は〜〜〜〜〜〜


め〜〜〜〜〜〜〜〜


は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!


DSC09599
 

まだ小さいので修行がんばります! 

こんばんは、本橋へいすけです。


糸島に移住して2年8ヶ月が経とうとしています。
移住後、衝撃的だったランキングベスト3に入ることと言えば、、、 




糸島では、お金を出してモノを買うという発想がありません(笑)




でも、願いは叶います。


願いは神様にお願いしません。
Facebook様に、お願いするのです。 


ある日のとある友人のFacebook。


「寒くなってきたので、コタツが欲しいです。
だれか、家で使ってないよ〜
って方がいたら、譲っていただけるとうれしいです。」 


「うちに使ってないのがあるから、あげるよー!」



別の友人、ある日のFacebook


「どなたか使ってないのがあれば、マイクをゆずっていただける方はいませんか?」


「あ、うちのあげるよ!」


こちらも1日と経たずに、ご成約。


このように糸島には、モノを買うという発想はありません(笑)。 
家のモノは、ほとんど貰いものという強者もいます。 



そう糸島では、願いはFacebook様にお願いして叶えるのです。



 いや〜、最初はビックリしましたよぉ〜。


よくよく考えるとこれって、とっても素敵なことだと思うんですよ。


家の使っていないモノが、必要としてくれる人のもとへ届けられる。

必要な人が愛着をもって使ってくれる。
もらう人もハッピー。



モノに心があるとすれば、そのモノにとっても幸せなんじゃないかな。 


そんな糸島暮らしをしたい方はコチラもよんでおくといいですよ。 

砂浜アートと言っても、アーティストがいるわけでもありません。
誰かが作るわけでもありません。


潮が引いたあとに、砂に映る波の模様。 
自然が作るアート。
image
この模様が好きだったりする。 


徒歩5分の美術館。


営業は不定休。
展示品は、バラバラの1点モノばかり。


そんな気まぐれな美術館が好き。 



糸島にいると、大切なことは近くにある
必要なモノはもうある
ってことをよく思う。


何か足りない
もっと吸収しなきゃ
このままじゃダメだ


と、外に外に求めた20代。


大切なことやモノ
必要なものは
すでに内にある
近くにある


そう感じさせてくれる、糸島の豊かな自然


ありがとう糸島
君からはたくさんのモノをもらったよ


ぼくからは何ができるかな〜?

DSC00330

こんばんは、本橋へいすけ。


糸島から60分圏内の温泉シリーズ  vol.1  熊の川温泉


糸島市内には、温泉、入浴施設がたくさんあります。


二丈温泉きららの湯 
伊都の湯どころ
まむしの湯



などなど。


中には、糸島の湯どころは、もう飽きたし、違うところにも行ってみたい!
という方もいると思います。


糸島を出ると

30分圏内に行ける温泉
1時間圏内で行ける温泉
1時間半圏内で行ける温泉
2時間圏内で行ける温泉


とあります。


今回は60分圏内で行ける温泉シリーズの第1弾!


佐賀県佐賀市の富士町、熊の川温泉


ちどりの湯に行ってきました。


DSC01201
糸島市の西側は、佐賀県とも隣り合わせ。
ぼくの住む二丈地区は、西側なので、佐賀まですぐです。


糸島自体も、湯どころはたくさんあります。
それはそれで、気持ちいいです。
お湯の質を求めるときは、佐賀まで行くほうがいいです。


行く道中の山あいの景色や、空気、集落が、とっても癒されます。
糸島とは、また違った雰囲気です。


佐賀の温泉も、七山温泉、古湯温泉、熊の川温泉が、25分から50分くらいで行けます。


 七山温泉は、1番近い距離にあって、夕方17時過ぎると、400円で入れます。
お湯がとろとろして気もちいいです。
こういうお湯は糸島にはないです。


古湯温泉は、湯治にも使われるくらいで、泉質が良いそうです。
まだ、行ったことはないので、次回行ってみようと思います。


熊の川温泉も、お湯がとろとろ系でした。
温度はぬるめなのです。



ゆっくり浸かりたい人、すぐのぼせてしまう人にオススメ!


熱いお湯が好きな人には物足りないです。


DSC01207


ちなみに、日本3大美人の湯・嬉野温泉や、人によってはこちらの方が好きといわれる武雄温泉も、1時間半の距離。 


東に行けば、別府温泉、黒川温泉、湯布院も、2時間くらい。
温泉好きな方にとって、糸島移住、福岡移住、九州移住は、天国ですね! 

田舎暮らしをしたい。
田舎に移住したい。
脱東京したい。
もう東京で消耗したくない、、、


そんな想いを現実にする、たった1つの秘訣。




それは、、、、




とりあえず、動き出すこと!!




なぁ~んだ、そんなことかと、思ったかもしれません。
でも、頭ではわかっていても、実際動いてる人って、あんまりいません。


今すぐ、移住できない!仕事もある!家族もいる!
そんな気持ちもあるかもしれません。


ただ、今すぐ、できることもあるんです。


移住先の候補地を調べる
候補地に旅行を兼ねて行ってみる
そこに住んでる人を探してみる
移住した人の話を聞いてみる
計画表を作る
妄想する(
笑)

o0420027913031511738



などなど、、、たくさんあります。


個人的には、妄想もけっこう大事だと思います(笑)

ぼくも移住前は、だいぶ細かい部分まで、妄想してました。

脳って、ワクワクすることがあると、やっぱり、それを実現したいっ!
現実とのギャップを埋めるために、行動が始まる!
というようなことを、何かの書籍で、読みました。


でねっ、
動き出すと、、、、


やっぱり、なにかのリズムが、変わってくるんですよぉ~
不思議と。


移住に限らず、言えることだと思うけど^^


この7つのステップも読んでおくのも、近道~♪♪

↑このページのトップヘ