〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

タグ:移住

糸島よりこんばんは!へいすけです。

田舎暮らしの誤解

田舎暮らしをしていると、ちょ〜健康的な食事を毎日していると思われます。


実際、新鮮な野菜、魚、お肉、卵た手に入り、食べることが多いです。
調味料も、塩、醤油、オリーブオイルとかなりこだわりもあります。

田舎暮らしだってジャンキーなもの食べたい

ぼくだってたまには、ジャンキーな食べ物食べたいですよ〜 

ポテトチップスのりしお味や、


カップヌードル
だったり。


実際食べたあとに、胃がもたれて後悔することもありますが、、、笑

カップヌードルリッチ

今日は、コンビニでこんなもの見つけてしまったんです。
image
 
カップヌードルリッチ。
贅沢とろみフカヒレスープ味
コーラゲン1000mgと書いてあって、都心で働くOLのランチタイムの心に響きそうなコピー。


う〜ん、34歳男子のハートをつかんでしまった、、、


もちろんぼくも大人なんで、フカヒレが入ってるとは思いませんよ〜。


どんな風に味を再現するのかな〜って思って買ってみました。
こういうのって、買うと外れのことが多いです。


ただこれは、なかなかよかったですよ〜。
 

とろみがあって、ラーメンと麻婆豆腐を組み合わせた、マーボー麺の食べ心地に似ています。


カップヌードルリッチは、スッポン味もあります。
今度食べてみようかな〜。


でもスッポンはなんかこわいな〜笑
食べたことある人いたら教えてください。


糸島よりおはようございます、本橋です。


今朝は、すがすがしい天気だったので、お庭で朝カフェしました。
ケニアのコーヒー。おいしい〜^^



糸島に移住したい

田舎暮らしをしたい

地方へ移住をしたい


という方から、メールをいただくことも多いです。


移住希望者の三大心配ごと



・移住先はどこがいいか?
・住まい
・仕事



その中でも1番悩みが深いのは、仕事です。
生きていかなければならないですから。


仕事=収入



移住前に、移住後の収入源を確保しておく方法があります。


クラウドソーシングです。
ランサーズは有名ですね。


クラウドソーシングだけで生活していくレベルは正直、かなり難易度は高いです。
実際、それだけで生活している人は、ほんのひとにぎりです。


ただ、月に数万円を稼ぐのは難易度は高くありません。


糸島などの田舎に移住すると、新鮮な食材が安く手に入ります。



クラウドソーシングで月3万稼げれば、

1ヶ月の食費と携帯代くらいは、まかなえておつりがきます。
場所によっては家賃がまかなえちゃいます。




これは大きいですよ〜。
登録してどんな仕事があるか見ておくと、初心者でもOK!
という仕事もけっこうあります。


移住に興味がある人はまずはチェックしておくといいですよ^^

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


今朝、
「ここ日本?リゾート感がハンパない糸島の二見ヶ浦!」
という記事をアップしました。



いや〜二見ヶ浦いいですね〜!
たまに行きます。


でもぼくは二丈が好き。




二丈の方は同じ糸島だけど、二見ヶ浦周辺よりも、のほほんとしてます。
海もそんなに人が多くないです。


今日海辺でギター弾いてたら、ネコがすりすりとしてきました。



かっ、かわいい〜〜!!



そう、二丈はのほほんと平和なんです。
二見ヶ浦のオシャレ感はないけど、住むにはこんな感じの方がいいです。

DSC00280


関東からの移住だと車を持ってない人も多いと思います。
ぼくもそうでした。


そんな方には、二丈でも深江周辺がオススメ
JR筑肥線の筑前深江駅があります。
スーパー、小学校、中学校、幼稚園、保育園、病院、郵便局があって生活には困らない。



しかも、海まで徒歩や自転車で行ける!
温泉もある!


ということで、まずは深江に試しに住んでみるというのは失敗が少なくていいですねぇ〜。


車がある人は、福吉とかいいな〜って思う。


 

糸島よりおはようございます、本橋へいすけです。


外からみた糸島。



アメリカの西海岸のようなリゾート感。
海の色がハンパなくキレイ!



そんなイメージと言えば、
糸島の二見ヶ浦

DSC08231

ぼくてきには、バリ島、セブ島などのアジアンリゾートに近いかな〜って印象だなぁ。

もはや糸島の顔。有名なsunsetカフェ
DSC08208

フレンチレストラン・遊砂(you sa)も、眺めがいいですね!
気になるあの娘とデートで来たら、恋が実ること間違いなし!
DSC04350

ほんと、バリやセブっぽい!
DSC04340
高いお金出して海外行かなくても、リゾート感が味わえます。
もちろん日本語も通じます。笑。


二見ヶ浦は夕日スポットとしても有名。
日本の夕日100選にも選ばれています。


夫婦岩が有名です!
夕日がキレイですよ〜!
DSC04291


こんなリゾート感ある場所が、福岡市内から30分〜60分以内で来れます。


東京都内で勤めている人だと通勤1時間とか普通です。
仕事が大変でも、帰宅してこの風景だったら最高ですよ!


福岡市は、九州最大の都市。
仕事はたくさんあります。


会社勤めをしながら、田舎暮らしもできちゃう、日本でも数少ない場所。

たまに街に出るのに負担はない。


加えて福岡は街の中心と空港の距離がめっちゃ近い!!
旅行や帰省、冠婚葬祭も考えると、これは大きいです!!



田舎暮らしに不安がある人も、
街が近い、移住者が多い糸島はオススメ!




よくデメリットを聞かれるので、これから自分で一から田舎を盛り上げたい!
という人には向いてません。


糸島はある意味、出来上がっています。


移住者も多い。
イベントもたくさんある。
全国的に有名な音楽フェスもある。
休日ともなると観光客も多い。


これは移住のハードルは下げていますが、自分の力で田舎を活性化したい!
という人には他の場所をオススメします。


糸島移住に興味ある方はこちらの、田舎暮らし成功の7つのステップという記事を読んでおくといいですよ。



すぐに移住はできないよ〜!視察もできないよ〜!
という方は、この動画を見てイメトレしといてください。


移住したくなっちゃうので閲覧注意です!

糸島よりこんにちわ!本橋へいすけです。


今日は、ぽかぽか陽気に誘われて、近くのタイ料理レストランまで。
DSC01585
 

波の音にいろんなものが溶けていく〜
ボーっとするしあわせ

今日は海の色がキレイだな〜
DSC01578
テラス席1人占め〜。


食後はジャスミンティーを飲みながら、まったり読書。
DSC01586
 

先週はハードだったので、今週はカメのリズムで過ごしたい。


ハードな日が続いても、ちょっとそこまで行ってくるが、こんな感じだといつでもリフレッシュできていいですよ〜!
 
 

糸島は、都心部とのアクセスも便利で、移住しやすいですね。
移住するときのポイントはコチラの記事です。
 

↑このページのトップヘ