〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

タグ:深江

糸島よりこんばんは、へいすけです。


満天☆青空レストランに糸島登場

毎週土曜日18:30から放送の満天☆青空レストラン
4月23日(土)放送分に糸島がとりあげられました!
35

番組HPより


メディアでとりあげられることが少ない二丈が取り上げられました。


糸島の二丈ってどこ?

方角で言うと糸島市の西のはじっこ。
佐賀県の唐津と隣り合わせの地区。


西のはじっこと言っても、前原自動車を下りたところですし、
電車はJR筑肥線が通っているのでアクセスはいいです。 

糸島二丈ってどんなところ?

 

糸島の二丈地区はのんびりしてます。
DSC01690

よくメディアで取り上げられる二見ヶ浦が、洗練されたおシャレスポットだとすると
二丈はほっこりしたおばぁちゃんちに来た感じ。

最近では、お店もけっこう増えて、ほっこり感と、行ける店の数のバランスがちょうどいいです。

二丈の海もキレイ

糸島とい言えば海!

海もキレイです。
DSC01226
同じ二丈でも場所によって、海の感じは違うよ〜
もちろん日によって同じ場所でも、海の表情はぜんぜん変わります。
 

二丈は山も渓谷もある

登山好きには、二丈岳。
運動不足の人には山のふもとのゆらりんこ橋がオススメ
DSC07315

DSC07338

二丈渓谷

ゆらりんこ橋の駐車場に車を停めたら、歩いて5分くらいで二丈渓谷です。
DSC00841


マイナスイオンが出まくりです。 

千寿院の滝

DSC00361

有名な白糸の滝に比べると規模は小さいですが、個人的にはこちらの方が好きです。
自然な感じで残っています。

行く道は細いので、運転苦手な方は気をつけてくださいね。


二丈は桜もキレイ


二丈松国の一本桜

DSC01831


ゆらりんこ橋付近の桃源郷

DSC01843

ここらへんは桜が咲くころには幻想的な風景となります。
DSC01839

糸島の桜スポットは、
糸島の桜・お花見オススメスポット厳選5スポットの記事をどうぞ!

ふくふくの里

二丈産直と言えば、ふくふくの里。
糸島では、伊都彩菜が有名です。


直売所としては日本一の売り上げを誇っています。
それはそれでうれしいのですが、週末の人の多さ!


車を停めるのも大変です。


ということでぼくは、家からも近くて、適度な大きさで、人も多くない
ふくふくの里によく行きます。
 

春はふくふくの里の目の前にある、菜の花畑がキレイです。
DSC09053
菜の花摘み放題で100円。
糸島に移住をしてから、菜の花は見るモノから食べるモノへと変わりました。


ライバル店を紹介しちゃう人の温かさ

同じ地域の飲食店って、いわばライバル!
競合なわけですが、二丈のお店は、あったかすぎます!


3月に二丈・深江にある海辺のタイレストラン・ドゥワンチャンに行きました。
DSC09688

そしたらお店の方が、

「こんど深江にランチバイキングのお店がオープンするんで、よかったら行って
糸島が好きページで宣伝してください〜。」

って 、、、
いや〜あったかすぎます!!二丈!


ライバルではなく、同じ二丈を大好きな人たちが、二丈を盛り上げていこうという 
心の想いなんでしょう、、、


唐津が近い

唐津もいいんですよ〜


虹の松原は糸島からすぐ!
DSC08560

 
空の感じや海の感じも糸島とも違っていいです。
温泉もありますし〜。

 

湯どころもある

二丈温泉きららの湯とまむしの湯

疲れをとるなら温泉である、きららの湯がオススメ。
きららかんばん


まむしの湯はお風呂の種類が充実。
ごはんもまむしの湯の方がおいしいです。

ホタルも見れます。

食べる・遊ぶ、買うがそろっている

飲食店・カフェ、パン屋、醤油蔵、ヨガ小屋、音楽スタジオが揃っている


古民家イタリアンのウッチーノ食堂さん
DSC00429


海辺のタイ料理・ドゥワンチャンさん
DSC02067


ランチバイキングのダンザパデーラさん
DSC01995

丘の上のcafe食堂ノールさん
店前

素材を生かしたイタリアン・アダンソニアさん
DSC07145

ミツル醤油さん
かんばん

そばのすみくらさん
カキ小屋
こだわりのカレーのスプーンソングさん


ヨガ凪さん
音楽スタジオグリーンコードさん
白糸酒造さん
DSC01258

海辺の美容室ハナトライフさん

パン屋さんで言うと 
SANAさん
クラウドさん
大楠さん


改めて、いっぱいあるなぁ〜

糸島は二丈がいい

糸島という二見ヶ浦周辺のおシャレなイメージ、リゾート地のようなイメージを
持たれる方も多いと思います。
DSC08208


たしかに、その雰囲気もいいですが、最近では週末ともなると、お店が2時間待ちだったなんて
話も聞きます。


東京の人ごみの多さがほんと苦手だったので、田舎に移住してまで消耗したくないです。
二丈はまだそこまで混んでいないのも、いいですねぇ。

ということで、ぼくは二丈が好きです!

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


糸島移住のメリット


DSC08231

1、海、山、渓谷がある
2、都心部との距離が近い
3、移住者が多く開放的
4、野菜、魚介類、肉もおいしい
5、オシャレスポットもたくさんある 
DSC04350




メディアでは、オシャレな面ばかりが取り上げられていますが



東京からの移住者目線で見ると、糸島移住の本質的なメリット



自然に囲まれた生活なのに、都内に住んでいた時と変わらない生活ができる


別の言い方をすれば、



海まで5分なのに、通勤時間30分、60分
うみ
都心部との距離の近さは、他の田舎暮らしではなかなか実現できないです。
街へショッピングに行く、セールに行く、映画を見に行くも同様です。


東京ならありえないです。
その時間圏内なら、まだまだコンクリートジャングルです。


東京、千葉、神奈川、大阪など都市からの移住の場合、車を持っていない場合も多いです。


車がなくても、海まですぐ行けて、生活に困らない場所と言えば、
JR筑肥線・筑前深江駅の周辺です。


糸島は、二丈地区、志摩地区、前原地区の3つに分けられますが
深江は二丈地区にあります。


スーパー、幼稚園、保育園、小学校、中学校、病院と揃っていて生活には困りません。


楽しみとしても

海まですぐ
温泉施設がある
海辺のタイレストラン、古民家イタリアン、オシャレなお店がある
おいしいパン屋さんが3つもある
おいしい醤油蔵がある
本格的なヨガ小屋もある 



ただ、デメリットとしては、、、


、、、、


、、、、、、


時々、、、、


、、、、、、、、、





気絶するほどクサい、、、





近くに、農場で肥料をまいてるか、酪農をしているのか、、、


なんとも言えない匂いが、風に乗ってやってきます。


ちょいとクサいくらいレベルは、わりとちょこちょこあり、それは慣れます
人間の適応力のレベルはスゴイです。


ただ時々、お鼻バロメーターのメーターを振り切るくらいの
ファンキーな匂いが、風に乗ってやってきます。



それが今です!!


クサいなう


ぅぅうう、、、、



ということで、糸島の良い面ばかりが取り上げられがちですが、
糸島移住をお考えの方は、こういう面も知っておくと良いですよ〜。


こういう自由な自動販売機もありますし、、、

なにがでるかわからない
何がでるかわからないって、、、


とは言え
ぼくは、そんな深江を愛してます!

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


今朝、
「ここ日本?リゾート感がハンパない糸島の二見ヶ浦!」
という記事をアップしました。



いや〜二見ヶ浦いいですね〜!
たまに行きます。


でもぼくは二丈が好き。




二丈の方は同じ糸島だけど、二見ヶ浦周辺よりも、のほほんとしてます。
海もそんなに人が多くないです。


今日海辺でギター弾いてたら、ネコがすりすりとしてきました。



かっ、かわいい〜〜!!



そう、二丈はのほほんと平和なんです。
二見ヶ浦のオシャレ感はないけど、住むにはこんな感じの方がいいです。

DSC00280


関東からの移住だと車を持ってない人も多いと思います。
ぼくもそうでした。


そんな方には、二丈でも深江周辺がオススメ
JR筑肥線の筑前深江駅があります。
スーパー、小学校、中学校、幼稚園、保育園、病院、郵便局があって生活には困らない。



しかも、海まで徒歩や自転車で行ける!
温泉もある!


ということで、まずは深江に試しに住んでみるというのは失敗が少なくていいですねぇ〜。


車がある人は、福吉とかいいな〜って思う。


 

↑このページのトップヘ