〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

タグ:仕事術

糸島からおはようございます、本橋です。



1、あなたが、セミナーをするとします


内容が固い話だったら、2割くらいをゆるい話にする。


たとえ話を、ゲームやアニメのキャラクターに置き換えて話すなど、親しみやすいようにする。


そうすることで受講者さんの興味もわき、吸収力も上がります。


2、あなたが、スピリチュアルな仕事をしているとします



スピリチュアルな話は、その性質上、感覚的、抽象的な話になると思います。
そこに2割くらい、ロジカルな視点を入れて話す。



具体的な根拠や、効果を数字を入れて話す。
そうすることで、あなたのカウンセリングの魅力は増していきます。 


3、恋も仕事も


いつも強がりな人が、弱ってたりすると、ドキッとします、、、


恋も仕事もギャップが大事ですね〜。


ギャップの高低差があればあるほど、インパクトも強くなりますよ。 


自分で仕事をしている人であれば8割の部分は、みなさんプロフェッショナルです。


あなたにとっての2割はなにか?


ぜひ見つけてくださいね^^



 

こんばんは、本橋へいすけです。

 
個人的には、今年読んだ本で1番ツボでした!



400のプロジェクトを同時に進めるスピード仕事術  佐藤オオキ著
image




1、全体感として、なにがよかったか?




ロジカルな視点と、クリエイティブな視点のバランスです。



この2つの視点が本の最初から最後まで一貫しています。
ビジネス書はロジカルな視点の本がほとんど。


そういう意味で、この本はそれだけでも買いの1冊でしょう


著者の佐藤オオキさんは、デザイナーであり、デザイナオフィスの代表。


芸術家と経営者を一人二役こなしいるようなものです。



ぼく自身、


ギターを弾く
曲を作る
コンサルティングをする
人前で話す
文章を書く
組織をまとめる
新規プロジェクトを立ち上げる


など、いろんなことをしてきました。 


使う脳は、大きくわけると、ロジカル脳とクリエイティブ脳の2つ。


これってどっちかばっかり使ってもよくないんです。


2つの脳をバランスよく使って、良いパフォーマンスになると実感しています。



ちょうど食事が、1つの食材ばっかり食べるのがよくないのに似ています。 



スピード仕事術と書いてますが、スピードの記述でないところも、いい内容でした。
では本の内容をみていきましょう!


2、高速で仕事をこなすコツ


目の前の仕事だけに集中する

やりかけた仕事は必ず完結させる

そのとき1番やりたい仕事をして、頭の回転を早める

モチベーションをコントロールしようとしない

「調子の波」に逆らわない

情報のインプットの日とアウトプットの日を分ける

「自分以外の人がやった方がいい仕事」は受けない



プロジェクトはたくさん同時に進める。
ただし、そのときにすることは1つ。
1つのことに集中して、同時には進めない。


それがたくさんのことを同時に進めるコツ。


1つのことを必ず終わらせてから、次に取りかかるというのがポイント。
たしかに、途中までして、また再開って、効率が悪いですね、、、


モチベーション関連では、モチベーションに波があるという前提。
仕事って人がするものだから、その時に「情熱」が1番ノっているものを取りかかるのが、結果的に1番クオリティが良くなります。


ぼくも昔は、これを絶対やらなきゃ〜!
とかなってました。


最近は、その瞬間に自分の心が素直に反応しているもの


をするようにしています。


「今」を生きるって大事ですね。


3、その他共感したこと




アイディアを考える際は「違和感に目を向ける 」


プレゼンは相手に「プレゼントを渡す場所」



仕事の枠組みを決めず、やれることはすべてやる



何にお金と時間を投資するか→判断基準は「高いクオリティが出せるかどうか」



他人ががんばらないところで一生懸命やる 



こんばんは!
本橋です。


仕事で結果を出そうと思ったら、期待に応えてはいけない


結果は、お客さんの、「満足」、「感動」という言葉にも置き換えれます。


マネジメント接客・営業と2つの視点から、みていきましょう。



1、マネジメント



達成する、育成力がある、統率力がある。
これは前提条件。


でも、大事なのは気持ち。
ぼくたちは、「心」で動くんです。


感動するときは、「心」が動くんです。



部下の人からみれば、指導してもらう、育ててもらうというのは、「期待通り」なんです。
そこはあなたがいくらがんばっても、切ないかな、ちょっと記憶に残るくらい。


でも、朝出勤して、デスクに座ったら、感謝の気持ちを言葉にした手紙が置いてあった。
いつもめっちゃ厳しい上司が、みんなの前でほめてくれた。



部下の子の期待を越えたときに、


あぁ、この人のためにがんばりたい!
この人についていきたい!


って思うんですよ。


ぼくは一時期、部下の子全員と交換日記してましたよ(笑)
当時は、自分の人生の中でも1番ハードな時期でした。


夜仕事終わるのがおそかったときなんか、だいたい仕事終わって同僚と飲みにいきます。
その席で、


「ちょっと先に飲んでて!日記チームの子に書くから!」


って、居酒屋でよく交換日記書いてました。


まぁ〜毎日書くのは正直大変でした。
けど翌朝みんなが、うれしそうな顔で読んでるのをみたらね〜、、、


直接言いにくい悩みなんかも、書いてくれたりしてました。
メンタル的に弱ってる子とか、早めに対処できるので、チームが崩れないんですね。



2、接客・営業について



読者さんの中には、なんらかの接客をしてる方も多いと思います。
これも、同じで期待通りじゃ、他の誰かでもよくなっちゃうんですよね。


ギター教室やってる講師が、ふつうにギター教えても感動は生まれないんですよ。


ギター教室に行ったら、人生で悩んでることが解決するから感動するんです。
ギター教室行ったら、なぜか病院みたいに「問診」、「オペ」があって、ギターの「処ほうせん」まで出された!


だから人に話たくなるんです!
と思って、この前レッスンしたんですけどね〜 


保険の営業だったら、医療保険に入りたいって人に、医療保険の商品説明してもだめなんですよ。


あなたがお客さんだったら、どう言われたら感動するか?




逆算して、接客の流れ・営業トークを作っていくといいですよ。
あなたの仕事だったら、何を工夫したら感動が生まれそうですか?




ヒントは、


セオリーと真逆

まったくイメージが違うものをコラボさせちゃう



上の例で言うと、ギターと病院。


せっかくですので、考えてみてくださいね^^ 

こんばんは!本橋です。


仕事をしていると、よく聞く言葉。


「忙しい」
「事務作業が大変」
「事務作業が増えて負担」


事務をしているときってなにも生み出さないです。
事務をして、売り上げが上がる、利益があがるわけではないです。
なるべく時間短縮したいものです。


今まで、いろんな人と仕事をしてきて、意外としていない人が多いのが、単語登録。
例えば、サラリーマンの方であれば、毎日する仕事に大きな変化はそんなに起きないです。


メールの量が多い!


なんて言ってる人たちもいます。


いや〜毎回、きっちりメールの返信や資料作成を1からしてたら、そりゃ大変ですよ〜。


だからこそ単語登録を使うのです。
1度登録しておくと、便利ですよ。


例えば

お→お世話になっております。
お→お疲れさまです。
しょ→承知致しました。
ご→ご確認お願い致します。
あ→ありがとうございます。
も→申し訳ございません。
よ→よろしくお願い致します。


などです。


その方の仕事内容でよく使う文言があれば、それも登録しておきます。
これだけでだいぶ仕事が早くなります。


メールのレスをするのもだいぶ楽になります。


放っておきたいメールもあると思います。
例えひと言でも、返事をしないといけないメールもあると思います。


さすがに上司のメールとか無視できないと思います。
単語登録しておけば、返信なんて2秒で終わりますよ。


ということで、
事務作業を効率化するには単語登録を使いましょう!
 

↑このページのトップヘ