〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

カテゴリ:読書メモ > 仕事術

糸島よりこんばんは、本橋へいすけです。


「感動」ビジネスの方程式
「おもてなし」を凌駕する驚異の手法 杉元崇将著
image
 

感動を意図して作れるようになったら、いろんな人をしあわせにできるな〜。
そう思って買った本。



個人で仕事をしている人にとっては、もう少し具体的につっこんで書いてほしい!
というところですが、いい本ではあります。


組織で仕事をしている人にとっては、「感動」の定量化、仕組み化という箇所も多くのページを割いており、参考になると思います。




感動のメカニズム



「記憶」「曲線」「連鎖」という3つの要素を掛け合わせるという考え方。



 1、「記憶」は正確には「記憶の抽出」

本人が言葉で表現できない、認識できていない「真意」を引き出して行く 


2、「曲線」とは、「曲線を描く」こと

「感動」を「魅了、需要、歓喜、覚醒、感傷」の5つの種類に分け、配慮しながら「感動」の起伏を描きます。


大事なのは、「歓喜」と「感傷」。
「感動」に強弱をつける。


3、「連鎖」

効果アップ。
音、光、香りを利用する。



 ビジネスで「感動」を創りたい方は読んでみてくださいね^^
この会社の、ウェディング、レストランを利用してみたくなる、そんな本です。


さいわい福岡でも利用できるところがいくつかあるので、今度行ってみようっと。


ちなみにこの本は外で読まない方がいいです。


なぜなら、泣いちゃうから!笑


ぼくは今日は、海辺のレストランのテラスで読んでて困りました!
image

テラス席に他にお客さんいなかったからよかったけど、、、 

こんばんは!本橋へいすけです。


意外とできない学ぶときに大切なこと



好き嫌いの感情を入れない



です。



学ぶ対象において


・結果を出している
・経験がある


という人がいます。


その中には


・自分と相性がいい
・相性が悪い、人間的には好きではない


というカテゴリーに分けられます。


後者の場合、多くの人はその時点でシャッターを下ろしてしまうのです。
ようは受け付けない。


セミナーなどお金を払っている場合でも。


いますよね〜、セミナー受講しに来ているのに


・講師に対して食ってかかる人
・批判的な目で見る人



いやいや〜、それだったら来なくていいような、、、


そう、人から学ぶときには好き、嫌いという感情を入れない方がいいんです。


ぼくも20代のころはよく、いろんなセミナーを受けに行って勉強してました。


20代のころは血気さかんな方だったので(笑)


やっぱりいるんですよね、好きじゃない人、、、
言い方がムカつく人って、、、



でも、それでシャットアウトじゃ、意味がないので、、、


ムカつくけど、言われたことやってやるぜぃ〜〜!



って感じで受けてました。


言い方はムカつくけど、言ってることは間違ってないですから。


あとは、「守破離」じゃないですけど、
いったんは素直にそのままやってみるようにしてます。


ある程度つかめたら、それを自分なりアレンジしたり。
学ぶときはそのままやるけど、人にするときは自分のものとミックスしたり。



それが、学びを活かすコツです^^

こんばんは、本橋へいすけです。

 
個人的には、今年読んだ本で1番ツボでした!



400のプロジェクトを同時に進めるスピード仕事術  佐藤オオキ著
image




1、全体感として、なにがよかったか?




ロジカルな視点と、クリエイティブな視点のバランスです。



この2つの視点が本の最初から最後まで一貫しています。
ビジネス書はロジカルな視点の本がほとんど。


そういう意味で、この本はそれだけでも買いの1冊でしょう


著者の佐藤オオキさんは、デザイナーであり、デザイナオフィスの代表。


芸術家と経営者を一人二役こなしいるようなものです。



ぼく自身、


ギターを弾く
曲を作る
コンサルティングをする
人前で話す
文章を書く
組織をまとめる
新規プロジェクトを立ち上げる


など、いろんなことをしてきました。 


使う脳は、大きくわけると、ロジカル脳とクリエイティブ脳の2つ。


これってどっちかばっかり使ってもよくないんです。


2つの脳をバランスよく使って、良いパフォーマンスになると実感しています。



ちょうど食事が、1つの食材ばっかり食べるのがよくないのに似ています。 



スピード仕事術と書いてますが、スピードの記述でないところも、いい内容でした。
では本の内容をみていきましょう!


2、高速で仕事をこなすコツ


目の前の仕事だけに集中する

やりかけた仕事は必ず完結させる

そのとき1番やりたい仕事をして、頭の回転を早める

モチベーションをコントロールしようとしない

「調子の波」に逆らわない

情報のインプットの日とアウトプットの日を分ける

「自分以外の人がやった方がいい仕事」は受けない



プロジェクトはたくさん同時に進める。
ただし、そのときにすることは1つ。
1つのことに集中して、同時には進めない。


それがたくさんのことを同時に進めるコツ。


1つのことを必ず終わらせてから、次に取りかかるというのがポイント。
たしかに、途中までして、また再開って、効率が悪いですね、、、


モチベーション関連では、モチベーションに波があるという前提。
仕事って人がするものだから、その時に「情熱」が1番ノっているものを取りかかるのが、結果的に1番クオリティが良くなります。


ぼくも昔は、これを絶対やらなきゃ〜!
とかなってました。


最近は、その瞬間に自分の心が素直に反応しているもの


をするようにしています。


「今」を生きるって大事ですね。


3、その他共感したこと




アイディアを考える際は「違和感に目を向ける 」


プレゼンは相手に「プレゼントを渡す場所」



仕事の枠組みを決めず、やれることはすべてやる



何にお金と時間を投資するか→判断基準は「高いクオリティが出せるかどうか」



他人ががんばらないところで一生懸命やる 



↑このページのトップヘ