〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

カテゴリ: SNS活用術

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


 1、ぼくのツイッター歴


ツイッターって、去年までほとんど使ってなかったです。
何年も前からアカウントはあったけど、ほとんど放置。


2、なんで放置だったのか?


単純にあんまりおもしろくなかったんです。
なんか情報の質が低いのが多いな〜、って思ってました。


3、ツイッターのフォローする人を吟味して整理したらおもしろい!!




なんだかエラそうな文章になってしまった、、、
すっ、すいません、、、


でもほんと、いいな〜って思ったので^^


田舎に住んでるとリアルな情報は、都心からは遅れがち。
好きな本屋さんも品揃えがうすい、、、


ネットを上手に使えば、いい情報を都会の人より早く入手できるいい時代。


ツイッターから遠ざかってる人
アカウント持ってるけどおもしろくないな〜



って思ってた人は試してみてね〜!








 

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


ブログを毎日続けるコツはありますか?


と聞かれることがあります。





1、毎日1本より、月間30本目標!




毎日だと、予定がある日、気分が乗らない日だってあると思います。
そうして、書けない日が続くと、だんだんフェイドアウトしちゃいます。


月間30本にすると、続けやすいんです。



2、ブログ貯金してますか?


気分が乗る日は、3本とか多めに書きます。

貯金ができるのです。


気分が乗らない日や飲み会があって書けない日は書かない!


やっぱり文章って気持ちが乗ります。


絞り出して、いやいや書いた記事
書きたい気持ちがノリに乗って書いた記事


どちらが読者さんに伝わるでしょうか?



そういうことなんです。


ぼくも昨年までは、月間3本くらいしか書いていません。
それでも、「糸島」、「移住」って検索すると1位か2位に表示されていました。


今年に入ってから、かなりの本数を書いています。


が!毎日は書いていません、、、笑
飲み会やアポイントがたくさん入ってる日、ライブ前は書いていない日もあります。


ただ2月は50本を目標にして書きました。
3月は月間100本くらい書く予定です。


これも日割りに1日何本を平均で書くのではなく、気分が乗った日、ネタがある日はたくさん書きます。


ブログ貯金をした日は気分がいいです。



書けない日があっても、「あの日貯金したし、大丈夫!」
と気持ち的にも余裕が生まれます。




3、まずははじめること


ブログ初心者の方は



毎日1本より、月間30本。


目指してみてください。


月間10本でもいいと思います。


まずは、取りかかること、はじめることが大事ですから。
 

糸島よりこんばんは!本橋です。


先日、WEBに強い方に聞きました。


アメブロは検索に強い


これはぼくも実感してます。


年始に、ブログをアメブロから、ライブドアブログに変えました。


以前は、月に平均3本くらい更新とゆるい書き方でした。
現在は、月に60本〜100本ペースとなっており、総記事数はアメブロとライブドアブログと同じくらいです。


アメブロは、「糸島」、「移住」と検索すると、ぼくのブログが1位に表示されていました。
現在は2番目に表示されます。


ライブドアブログは記事数は同じくらいですが、まだ検索にヒットしません。
何ページもめくって、ようやくぼくのブログが出てきます。


ということで、検索にアメブロが強い!
は本当ですね〜。


ぼくはアメブロには戻りませんけどぉ、、、


なぜかというと

・サーバーメンテナンスが多すぎる
・アクセス数が翌日にならないとわからない
・制限が多い
・削除リスクがある
・写真が小さい
・広告がデカイ
・テンプレ感が、、、


という感じです。


とはいえ、読者登録機能などのつながる機能はアメブロはいいですね。


ライブドアブログはないですからね〜。
Lineの読者登録ボタン押すと、更新が来るのでこれはいいですね!


今のぼくの場合は、ライブドアブログの方が合うので、このままがんばります。
最近だとnoteとか盛り上がってておもしろそうですね!


ブログサービスにかぎらず、商品自体に「良い」、「悪い」はないです。


ただ、その人に合うかどうかで、それが「良く」も「悪く」もなります。


大事なのは「目的」に合わせて選ぶこと

ど〜も!先日、34歳の誕生日をむかえました。
本橋へいすけです。


誕生日のfacebook


お誕生日おめでとう!
のコメント。


もちろん、うれしいですよ〜〜!!
久々に連絡くれたり。


ただ、中には、明らかに気持ちこもってないな〜
ってのもありますよね〜。


うれしいんだけど、コメントが100件とか200件とかになると、
さすがに、


「う〜ん、うれしいけど、 コメント全部返すのちょっと大変、、、」


とか思うわけですよ。 


で、あれって、


今日は○○さんの誕生日です 。


ってでるから書くわけで、、、
手帳に○○さんの誕生日ってメモしてて、
誕生日にお祝いメール送るぞ〜!
って準備してる人は、ほとんどいないわけです。


と、思ってちょっと前に、
誕生日を表記するのをやめました。


そしたら、今年の誕生日は、いや〜快適でした!
ノーストレス。



で、消しても、


日付けが変わってすぐにお祝いしてくれた人
ずっと会ってないけど、メールをしてくれた人
誕生日会をしてくれるご近所さん
サプライズをしてくれた人


はありがたいことにいました。


これで、全員スルーだったら切ないなぁ〜
と内心、不安でしたけど、、、笑


今年は気持ちのこもったお祝いだけ〜。

うれしかったぁ〜。


誕生日のfacebook。
ちょっとめんどくさいな〜
って思ったことある人は、誕生日見えないようにしたら、ちょ〜快適ですよ〜。 
 

同じように友だちの誕生日にfacebookで
おめでとう!


投稿するのもやめました〜。 


相手が友だち多い人でしたら、確実にストレスです。


自分にとっても、例えば友だちが300人くらいるとします。
ほぼ毎日だれかに送らないといけないです。
それもストレスにならないですか?


ぼくは1000人なので、ちょっと心が折れちゃいますね。

 

こんばんは、本橋へいすけです。
 

面白いコンテンツとはなにか?
と考えてみました。


ここでいうコンテンツとは、文章です。
ブログ、課金制の文章、書籍です。


ぼくは小さいころから、本を読むのが好きでした。
25歳くらいのころから、ビジネス書をたくさん読みあさりました。
本を読むって、1番リターンの良い投資だと思います。




さて、そんなぼくが出した答えは


面白いコンテンツは行間に愛がある


です。


書き手であれば、文章が


わかりやすい
読みやすい
その人の独自性、オリジナリティーがある
読んでいて新たな気づきをくれる



というのは、面白いということではなく、
前提条件 なのかなと。


で、まず面白いはいったんおいて、人気のある書き手、ブロガーっています。
文体はそれぞれ違います。


やわらかい文章の人。
くだけた文章の人。
真面目な文章の人。
短文の人。
長文の人。
上から目線の人。
すぐ炎上する人。


いろんなタイプがいますが、みんな行間に愛があるんですよ。
すっごい上から目線の人とか、よく炎上している人っていますよね?


だれとは書きませんが、、、(笑)


それでも、人気がある人っていますよね。
その中には、人気が長く続いてる人もいます。





正直、ぼくもこの書き方はど〜かな〜
この書き方は好きじゃないな
ぼくだったらあ〜ゆ〜書き方はしないな


とか思いますよ。
だからと言ってその書き手自身を嫌いになることはないです。


なぜかというと、そういう書き方の中にも、よぉ〜く文章を読み解いていくと


この人は、


社会をよくしていきたいと思って書いてる
言葉はきついけど、すごい愛がある


って感じます。


それが行間に出るんです。


文面だけを見てる人は、いわゆるアンチになってますよね。



会社に置き換えるとわかりやすいです。


ただ威張っているだけの上司


もいれば、


すごい厳しいんだけど、しっかり見てくれる上司
いざとなったらフォローしてくれる上司


もいます。




ただの人の良い上司

も入れば


人もいいんだけど、結果にコミットしてる上司
人もいいし、成長もさしてもらえる上司

もいます。




面白いコンテンツを書く人は、後者なのです。


人気のある人たちって言葉は悪くても、やっぱり行間に愛がある。
わかりやすいだけでなくて、行間に愛がある。



だから面白い
だから人気がある
だから続いていく



行間に愛がなければ、
あの人は今、、、
になってしまいますから。


ぼくも、行間に愛がある書き手になれるように、日々文章を書いていきたい思っています。 

あたかかく見守りながら、読み続けていただけるとうれしいです!



↑このページのトップヘ