〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

カテゴリ:ビジネス > 仕事術

糸島からおはようございます、本橋です。



1、あなたが、セミナーをするとします


内容が固い話だったら、2割くらいをゆるい話にする。


たとえ話を、ゲームやアニメのキャラクターに置き換えて話すなど、親しみやすいようにする。


そうすることで受講者さんの興味もわき、吸収力も上がります。


2、あなたが、スピリチュアルな仕事をしているとします



スピリチュアルな話は、その性質上、感覚的、抽象的な話になると思います。
そこに2割くらい、ロジカルな視点を入れて話す。



具体的な根拠や、効果を数字を入れて話す。
そうすることで、あなたのカウンセリングの魅力は増していきます。 


3、恋も仕事も


いつも強がりな人が、弱ってたりすると、ドキッとします、、、


恋も仕事もギャップが大事ですね〜。


ギャップの高低差があればあるほど、インパクトも強くなりますよ。 


自分で仕事をしている人であれば8割の部分は、みなさんプロフェッショナルです。


あなたにとっての2割はなにか?


ぜひ見つけてくださいね^^



 

こんばんは!
本橋です。


仕事で結果を出そうと思ったら、期待に応えてはいけない


結果は、お客さんの、「満足」、「感動」という言葉にも置き換えれます。


マネジメント接客・営業と2つの視点から、みていきましょう。



1、マネジメント



達成する、育成力がある、統率力がある。
これは前提条件。


でも、大事なのは気持ち。
ぼくたちは、「心」で動くんです。


感動するときは、「心」が動くんです。



部下の人からみれば、指導してもらう、育ててもらうというのは、「期待通り」なんです。
そこはあなたがいくらがんばっても、切ないかな、ちょっと記憶に残るくらい。


でも、朝出勤して、デスクに座ったら、感謝の気持ちを言葉にした手紙が置いてあった。
いつもめっちゃ厳しい上司が、みんなの前でほめてくれた。



部下の子の期待を越えたときに、


あぁ、この人のためにがんばりたい!
この人についていきたい!


って思うんですよ。


ぼくは一時期、部下の子全員と交換日記してましたよ(笑)
当時は、自分の人生の中でも1番ハードな時期でした。


夜仕事終わるのがおそかったときなんか、だいたい仕事終わって同僚と飲みにいきます。
その席で、


「ちょっと先に飲んでて!日記チームの子に書くから!」


って、居酒屋でよく交換日記書いてました。


まぁ〜毎日書くのは正直大変でした。
けど翌朝みんなが、うれしそうな顔で読んでるのをみたらね〜、、、


直接言いにくい悩みなんかも、書いてくれたりしてました。
メンタル的に弱ってる子とか、早めに対処できるので、チームが崩れないんですね。



2、接客・営業について



読者さんの中には、なんらかの接客をしてる方も多いと思います。
これも、同じで期待通りじゃ、他の誰かでもよくなっちゃうんですよね。


ギター教室やってる講師が、ふつうにギター教えても感動は生まれないんですよ。


ギター教室に行ったら、人生で悩んでることが解決するから感動するんです。
ギター教室行ったら、なぜか病院みたいに「問診」、「オペ」があって、ギターの「処ほうせん」まで出された!


だから人に話たくなるんです!
と思って、この前レッスンしたんですけどね〜 


保険の営業だったら、医療保険に入りたいって人に、医療保険の商品説明してもだめなんですよ。


あなたがお客さんだったら、どう言われたら感動するか?




逆算して、接客の流れ・営業トークを作っていくといいですよ。
あなたの仕事だったら、何を工夫したら感動が生まれそうですか?




ヒントは、


セオリーと真逆

まったくイメージが違うものをコラボさせちゃう



上の例で言うと、ギターと病院。


せっかくですので、考えてみてくださいね^^ 

こんばんは!本橋です。


仕事をしていると、よく聞く言葉。


「忙しい」
「事務作業が大変」
「事務作業が増えて負担」


事務をしているときってなにも生み出さないです。
事務をして、売り上げが上がる、利益があがるわけではないです。
なるべく時間短縮したいものです。


今まで、いろんな人と仕事をしてきて、意外としていない人が多いのが、単語登録。
例えば、サラリーマンの方であれば、毎日する仕事に大きな変化はそんなに起きないです。


メールの量が多い!


なんて言ってる人たちもいます。


いや〜毎回、きっちりメールの返信や資料作成を1からしてたら、そりゃ大変ですよ〜。


だからこそ単語登録を使うのです。
1度登録しておくと、便利ですよ。


例えば

お→お世話になっております。
お→お疲れさまです。
しょ→承知致しました。
ご→ご確認お願い致します。
あ→ありがとうございます。
も→申し訳ございません。
よ→よろしくお願い致します。


などです。


その方の仕事内容でよく使う文言があれば、それも登録しておきます。
これだけでだいぶ仕事が早くなります。


メールのレスをするのもだいぶ楽になります。


放っておきたいメールもあると思います。
例えひと言でも、返事をしないといけないメールもあると思います。


さすがに上司のメールとか無視できないと思います。
単語登録しておけば、返信なんて2秒で終わりますよ。


ということで、
事務作業を効率化するには単語登録を使いましょう!
 

こんばんは!本橋です。


仕事で結果を出す人のたった1つの法則 



それは圧倒的な仕事量です。




ビジネス、スポーツ、芸術、どのジャンルにおいてもです。


例えば、仕事。


このことをブログで書く資格がぼくにあるか?
という視点からいえば仕事において、ぼくはだいたい組織の上位10%以内入ってきました。


マネジメント、営業どちらもです。


80対20の法則があります。
組織の上位20%の人間が80%の売り上げをつくっている。


で、常に良い成果を出していると、まわりからは


「本橋さんだからできるんですよ、、、」
「要領いいですよね、、、」


とか言われます。


これっ、間違っています。


ぼくは、要領はすごい悪いんですよ。
不器用です。




でも、それがわかっているので、人より努力する量が多いのです。
要領がわるいけど、慣れたときは強いのです。


でもそこまでいくのが、人より時間がかかります。
それを知っているので、人より多く仕事をします。


一時期は、朝6時から日付が変わるまで仕事をしていたこともあります。
1つの案件、1つのアポイントのために2時間、6時間、8時間と準備するときもあります。


まわりでそこまでする人がいないので、組織のまわりの人比べると、成果が出るだけです。


ぼくより成果を出してる人もたくさんいます。
その人は、確実にぼくより仕事をしています。


答えはシンプルです。


野球のイチローだって、人よりも多くの練習をしてきたから活躍をしています。


ブログの世界で活躍している人は、1年365日毎日休まずブログを書いています。
1日1万文字くらい書いてます。


そりゃ〜、結果が出ますよ〜。


量より質


なんて言葉もあります。
そういう人もいます。


ただ、それはあくまである程度の量をこなした人に言えることなのです。


それこそ超1流のイチローに野球を教えてもらったからって、すぐにプロレベルの野球技術は身につかないですよね?


数をこなすと、必然的に見えてくる世界というのがあります。


もしあなたが、なにかで結果を出したいのであれば、まずは量をこなしてみるといいですよ。


なんか上から目線みたいになっちゃいましたが、そんなつもりはないです。
だれかの1人でも役に立てば幸いです。
 

↑このページのトップヘ