〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

カテゴリ: 失敗しない田舎暮らし

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


糸島移住のメリット


DSC08231

1、海、山、渓谷がある
2、都心部との距離が近い
3、移住者が多く開放的
4、野菜、魚介類、肉もおいしい
5、オシャレスポットもたくさんある 
DSC04350




メディアでは、オシャレな面ばかりが取り上げられていますが



東京からの移住者目線で見ると、糸島移住の本質的なメリット



自然に囲まれた生活なのに、都内に住んでいた時と変わらない生活ができる


別の言い方をすれば、



海まで5分なのに、通勤時間30分、60分
うみ
都心部との距離の近さは、他の田舎暮らしではなかなか実現できないです。
街へショッピングに行く、セールに行く、映画を見に行くも同様です。


東京ならありえないです。
その時間圏内なら、まだまだコンクリートジャングルです。


東京、千葉、神奈川、大阪など都市からの移住の場合、車を持っていない場合も多いです。


車がなくても、海まですぐ行けて、生活に困らない場所と言えば、
JR筑肥線・筑前深江駅の周辺です。


糸島は、二丈地区、志摩地区、前原地区の3つに分けられますが
深江は二丈地区にあります。


スーパー、幼稚園、保育園、小学校、中学校、病院と揃っていて生活には困りません。


楽しみとしても

海まですぐ
温泉施設がある
海辺のタイレストラン、古民家イタリアン、オシャレなお店がある
おいしいパン屋さんが3つもある
おいしい醤油蔵がある
本格的なヨガ小屋もある 



ただ、デメリットとしては、、、


、、、、


、、、、、、


時々、、、、


、、、、、、、、、





気絶するほどクサい、、、





近くに、農場で肥料をまいてるか、酪農をしているのか、、、


なんとも言えない匂いが、風に乗ってやってきます。


ちょいとクサいくらいレベルは、わりとちょこちょこあり、それは慣れます
人間の適応力のレベルはスゴイです。


ただ時々、お鼻バロメーターのメーターを振り切るくらいの
ファンキーな匂いが、風に乗ってやってきます。



それが今です!!


クサいなう


ぅぅうう、、、、



ということで、糸島の良い面ばかりが取り上げられがちですが、
糸島移住をお考えの方は、こういう面も知っておくと良いですよ〜。


こういう自由な自動販売機もありますし、、、

なにがでるかわからない
何がでるかわからないって、、、


とは言え
ぼくは、そんな深江を愛してます!

糸島よりこんばんは!本橋へいすけです。


今朝、
「ここ日本?リゾート感がハンパない糸島の二見ヶ浦!」
という記事をアップしました。



いや〜二見ヶ浦いいですね〜!
たまに行きます。


でもぼくは二丈が好き。




二丈の方は同じ糸島だけど、二見ヶ浦周辺よりも、のほほんとしてます。
海もそんなに人が多くないです。


今日海辺でギター弾いてたら、ネコがすりすりとしてきました。



かっ、かわいい〜〜!!



そう、二丈はのほほんと平和なんです。
二見ヶ浦のオシャレ感はないけど、住むにはこんな感じの方がいいです。

DSC00280


関東からの移住だと車を持ってない人も多いと思います。
ぼくもそうでした。


そんな方には、二丈でも深江周辺がオススメ
JR筑肥線の筑前深江駅があります。
スーパー、小学校、中学校、幼稚園、保育園、病院、郵便局があって生活には困らない。



しかも、海まで徒歩や自転車で行ける!
温泉もある!


ということで、まずは深江に試しに住んでみるというのは失敗が少なくていいですねぇ〜。


車がある人は、福吉とかいいな〜って思う。


 

こんばんは!


本橋へいすけです。


地方移住がブームです。
その一方で、その土地になじめなかったりする人も。


田舎暮らしをはじめたけど、友だちもできずにさみしい想いをしてる人もいます。


移住するなら、特技があると絶対にいいですよ!



確実に人の輪が広がるのが早いです。
人の輪が広がっていけば楽しいですよ〜!




友だちができれば楽しいんですよ!


究極、他はなくてもいいんです。



学校だって、会社だって、ひとりぼっちだったら?
勉強や部活、仕事だってがんばれなかったよね?


みんながいるから、がんばれた!
チームのためにがんばる!

○○さんがいたからがんばれた!
○○さんのためにがんばる!


そんな記憶ないですか?


ぼくは糸島に移住してからまだ2年9ヶ月。
たくさんの出会いがあり、友だちが増えました。


大人になってからもこんなに友だちの輪が広がっていくのって、ギターをやっていることが大きいんですよ〜。


ギターを弾けるから、演奏の依頼をもらって、人との出会いが増えていく。
ギターが弾けるから、音楽仲間が増えていく。


オリーブオイルソムリエって糸島だとめずらしいから、食に興味ある人と仲良くなれる。


こういうことを言うと



「わたしは、そんななんにもできないし〜。」


って言う方がいます。




「資格でも取らないと〜。」
「なにか手に職をつけないと〜。」


て思う方もいます。



NO,NO,NO〜!


あなたが、すでにできることに目を向ければいいんです。


地方や、田舎だと、あなたが当たり前と思ってることが、重宝されるんです。



パンやお菓子作りが得意

子どもの相手が得意

WEBに強い

手芸が得意

学生時代の部活経験


大切なことはすでにある 



ぼくはそう思います。 
ぜひ、あなたの中の素敵なもの見つけてくださいね^^ 

田舎でも比較的多い仕事と給料の相場とは


こんばんは!本橋です^^


糸島には、どんな仕事が多くて、給料がどれくらいか?


興味があったので、ハローワークに行って調べてみました。


糸島は、いわゆる田舎です。
海沿いにはリゾート感あふれるのカフェもありますので、ちょっとオシャレな田舎です(笑)


最近では全国的にも、注目されはじめており、若い世代の移住も多いです。
退職後に、移住してきたという方もいます。



ただし、人口統計、構成をみると、都市部に比べて、高齢化が進んでおります。


都市部に比べて、
田舎は仕事が少ないですが、多かった仕事が2つあります


介護の仕事と、看護師の仕事です。




人口構成も、影響していると思いますが、この2つの仕事は、糸島の奥地の方でも、比較的あります。


給料については、10万~15万くらいの間が多いです。
20万以上は、あまりありませんでした。



仕事に困らないという点では、魅力ですね!


田舎は、あまり生活費がかかりません。
給料が高くなくても、生活ができてしまいます。



裏を返すと、移住前に介護、看護系の資格を取る、仕事の経験をしておくというのは、有効かもしれませんね。


また、糸島の場合は、大都市である福岡市内へのアクセスも良いです。


正社員ではなくフリーターでも、市内へ通えば15万とか20万くらい、稼げます。



福岡はコールセンターが、乱立しています。
時給の高いコールセンターの、仕事はたくさんあります。


実は僕も昔、コールセンターで働いていました。
オペレーターから、管理者、研修、採用などやっていました。
部署の立ち上げもやりました。
コールセンターについて、知りたいことがあれば、なんでも聞いてくださいね!



こう見えても、シニアマネージャーとして、一時期100人くらいの、組織をまとめてたんですよ^^


話がそれましたが、まとめると、田舎でも比較的多い仕事のスキルがあると、仕事に困らないということです!


加えて、都市部に近い田舎は、そういうことは考えなくていい!ということです(笑)


田舎暮らしに場所選びに、悩んでいたら、糸島は、オススメですよ^^

●移住成功は○○で決まる

いよいよ今年もあと少し。
先日は、糸島の友達と忘年会。

テキスタイル作家のマクモ家にて。



クリエイターということもあって、とってもオシャレなお家です。

暖炉もあって、火に光って、落ち着きますねぇ~

みんなで食材を持ち寄りました。
僕は行きつけのカレー屋さんが作った、スパイスの効いたチキン。



オリーブオイルソムリエということで、極上のオリーブオイル2本。
ハカツオにかけてカルパッチョに。



他にも糸島ならではの豊かな食がたくさん!

糸島の猟師の友達が穫った、いのししスモーク。
ビールに合いますぅ!



広島直送の牡蠣!友達の地元!!
焼きと生で~♫



外はカリッカリ、中がふわっとのお好み焼き。



パン。



キャンドルを灯すと、またいい雰囲気に、、、

どこからともなく出てきたギターを弾き、みんなで即興で歌う。

ミュージシャンが多いと、こういう時盛り上がります!

いつかは田舎暮らしを、いつかは移住を
でもほんとに大丈夫かな、、、
仕事はどうしようかな、、、
生活できるかな、、、

いろいろ不安もあると思います。
確かに大きな不安だと思います。

ただ移住したからって、不安がなくなるわけではないと思います。
僕自身も、将来のこと、今後の生き方とかを考えると、不安になることもあります。

でも、そんな時、

・いっしょに笑ってくれる仲間がいる
・本気で心配してくれる仲間がいる
・目の前のキレイな自然を心から共感できる仲間がいる


仲間さえいれば、なんとかなる気がします。
いろんな壁も乗り越えられる気がします。
辛いときがあっても、心細くないです。

移住にあたって、1番大事な事は、そんな「仲間」がいるか?
と、移住して2年半経って感じます。

とは言っても、体系的に知りたい方は、コチラのメルマガを読んでおくといいと思います。




















-----

↑このページのトップヘ