〈旧〉愛しの糸島ライフ・新ブログは最新記事からリンクしてます

東京から福岡県の糸島半島に移住しました。 便利な田舎暮らしをしてます。 福岡市へのアクセス約30分。 サラリーマンのままでも、田舎暮らしができる場所。 きれいな海と山に囲まれ、新鮮な食材がたくさん。 移住者も多く、おもしろい人が集まってるよ!

田舎暮らし成功の7つのステップ

無料メルマガ
https://24auto.biz/oliveoilboy/touroku/entryform2.htm

カテゴリ: 田舎暮らしを叶える

糸島トライアルステイ2016

DSC01226
今年もやってきました糸島トライアルステイ2016

その名の通り、人気の糸島で3週間の移住体験ができます。
しかも500円で!


とってもすばらしい企画です。
唯一の懸念点は、、、


糸島トライアルステイは倍率が高い

過去2年間で、17組の定員に対して200組以上の応募!
応募締め切りは6月6日です。


糸島移住希望者の方、ぜひがんばって当選してくださ〜い!
詳細、応募は福岡R不動産のページをどうぞ

トライアルステイの加布里ってぶっちゃけどんなところ?

糸島の中心前原より田舎で、自然豊かな志摩や二丈より都会といった場所。 
生活する分には車がなくても困らない場所です。


JR筑肥線も通ってます。
ただし快速は止まらないです。


サイクリングが好きな方は自転車でいろいろ出かけるにはいい場所です。
芥屋方面、二丈方面と行きやすいです。


海水浴場まで歩いていけるところに住みたい!
という方には向いてない場所です。

加布里湾は写真のスポットとしても有名。
夕日が沈む頃には誰かしらカメラを抱えた人がいます。


踵屋敷という人に教えたくないくらい素敵なお店があります。


踵屋敷はについてはこちらの記事に詳しく書いています。
>> [糸島]踵屋敷の料理が丁寧で美味しい、雰囲気も器も素敵なお店

糸島よりおはようございます、本橋です。


今朝は、すがすがしい天気だったので、お庭で朝カフェしました。
ケニアのコーヒー。おいしい〜^^



糸島に移住したい

田舎暮らしをしたい

地方へ移住をしたい


という方から、メールをいただくことも多いです。


移住希望者の三大心配ごと



・移住先はどこがいいか?
・住まい
・仕事



その中でも1番悩みが深いのは、仕事です。
生きていかなければならないですから。


仕事=収入



移住前に、移住後の収入源を確保しておく方法があります。


クラウドソーシングです。
ランサーズは有名ですね。


クラウドソーシングだけで生活していくレベルは正直、かなり難易度は高いです。
実際、それだけで生活している人は、ほんのひとにぎりです。


ただ、月に数万円を稼ぐのは難易度は高くありません。


糸島などの田舎に移住すると、新鮮な食材が安く手に入ります。



クラウドソーシングで月3万稼げれば、

1ヶ月の食費と携帯代くらいは、まかなえておつりがきます。
場所によっては家賃がまかなえちゃいます。




これは大きいですよ〜。
登録してどんな仕事があるか見ておくと、初心者でもOK!
という仕事もけっこうあります。


移住に興味がある人はまずはチェックしておくといいですよ^^

通勤電車って消耗しますよね〜?



糸島移住は、福岡市内へも近いので、会社勤め、サラリーマンの方でも、移住しやすいです。


糸島に移住したら、通勤電車はこんな感じです。
2016-03-16-08-52-28

広がる田園風景
2016-03-16-08-52-52



2016-03-16-08-52-43


筑前深江 〜 一貴山の間です。


下山門 〜 今宿、 
大入より先は、海の絶景が広がっていますよ〜。



最近は、もっぱら車移動なので、あんまり乗っていないですが、、、
また乗ったら写真のせますね〜。



通勤電車に乗ってるだけで癒される糸島移住生活、はじめませんか?



糸島よりこんにちわ!本橋へいすけです。


今日は、ぽかぽか陽気に誘われて、近くのタイ料理レストランまで。
DSC01585
 

波の音にいろんなものが溶けていく〜
ボーっとするしあわせ

今日は海の色がキレイだな〜
DSC01578
テラス席1人占め〜。


食後はジャスミンティーを飲みながら、まったり読書。
DSC01586
 

先週はハードだったので、今週はカメのリズムで過ごしたい。


ハードな日が続いても、ちょっとそこまで行ってくるが、こんな感じだといつでもリフレッシュできていいですよ〜!
 
 

糸島は、都心部とのアクセスも便利で、移住しやすいですね。
移住するときのポイントはコチラの記事です。
 

こんばんは、本橋です。


1、移住する前って不安が大きいですよね、、、




住む場所はどうしようかな、、、

仕事はどうしよう、、、

土地になじめるかな、、、

近所付き合いとか大丈夫かな、、、


ぼくもそうでした。


2、今夜のできごと




仕事がようやく一段落した22時過ぎ。
ヘロヘロだったので、適当に飲食店に入りました。


中には、アルバイトらしき外国人2人で、お店を切りもりしてました。
あとから聞いたら、ネパールから来たとのこと。


ヘロヘロだったぼくに、注文を取りにきた彼。
とてもやわらかい、素敵な笑顔でした。


その笑顔にとっても癒されたのでした。


3、彼らがぼくらより大変なこと


彼らは、

・言葉も違う
・文化も違う
・宗教も違う、、、かもしれない


という国に来てがんばっているのです。



4、ぼくら日本人が移住をする場合


地方へ移住を考えている方は


・言葉も通じる
・文化は日本、、、
・宗教もほとんど関係ない


そういう場所に移住するのです。

メールの冒頭に

「お世話になっています。」

をつけること


日本独特の名刺交換も、ふつうにできます。



そんな文化は都心部でも、地方でも変わりません。


基本、宗教的な食べ物の違いは、国内においてありません。


海外の場合は、食べられるもの、食べてはいけないものなど、いろいろありますね。 



5、まとめ



そう思うと

ぼくの移住前の悩み、移住以外の悩みなんてちっぽけだな〜



って思えた、ヘロヘロの夜でした。 

↑このページのトップヘ