こんばんは!本橋へいすけです。


意外とできない学ぶときに大切なこと



好き嫌いの感情を入れない



です。



学ぶ対象において


・結果を出している
・経験がある


という人がいます。


その中には


・自分と相性がいい
・相性が悪い、人間的には好きではない


というカテゴリーに分けられます。


後者の場合、多くの人はその時点でシャッターを下ろしてしまうのです。
ようは受け付けない。


セミナーなどお金を払っている場合でも。


いますよね〜、セミナー受講しに来ているのに


・講師に対して食ってかかる人
・批判的な目で見る人



いやいや〜、それだったら来なくていいような、、、


そう、人から学ぶときには好き、嫌いという感情を入れない方がいいんです。


ぼくも20代のころはよく、いろんなセミナーを受けに行って勉強してました。


20代のころは血気さかんな方だったので(笑)


やっぱりいるんですよね、好きじゃない人、、、
言い方がムカつく人って、、、



でも、それでシャットアウトじゃ、意味がないので、、、


ムカつくけど、言われたことやってやるぜぃ〜〜!



って感じで受けてました。


言い方はムカつくけど、言ってることは間違ってないですから。


あとは、「守破離」じゃないですけど、
いったんは素直にそのままやってみるようにしてます。


ある程度つかめたら、それを自分なりアレンジしたり。
学ぶときはそのままやるけど、人にするときは自分のものとミックスしたり。



それが、学びを活かすコツです^^